採用情報

INTERVIEW

採用情報 > INTERVIEW > 座談会

座談会

事業部や領域の垣根なく、ドリームチームで社会課題解決を実現

座談会

安間健介 研究開発部 リードエンジニア
葛西大樹 研究開発部 リードエンジニア
黒田洋法 事業開発部 ディレクター

ピクシーダストテクノロジーズのプロジェクトがどのようなものか、事業開発の黒田さん、リードエンジニアの安間さんと葛西さんに教えていただこうと思います。まず、プロジェクトはどのように始まるのでしょうか。

安間:技術シーズから始まるものと、社会やクライアントのニーズから始まるものとの2種類があります。前者は、大学の研究室にあるものや、社内のエンジニアが立てた仮説などに基づいて始まります。ニーズから始まる場合は、事業開発がクライアントに課題をヒアリングしてきたところにエンジニアが加わって始まっていきます。ただし、世の中にニーズがないシーズを無理に出そうとは一切しておらず、あくまでも課題・ニーズドリブンで、動いている会社です。

黒田:事業開発とエンジニアのやり取りは「〇〇がクライアントの課題みたいなのですが、できますか?」「できそうだね」といった感じで始まります。事業開発目線でハードルが高い課題に見えても、だいたいのことはできると答えてくれるので、頼もしいです。

安間:事業開発とエンジニアは初期段階から密に連携して、二人三脚で進めることが多いです。

黒田:企業のニーズから発生する場合は、声がかかればまずは事業開発が「まずはお話しを伺わせてください」といってディスカッションをスタートして、具体的に協業テーマの検討を開始することが多いです。代表の落合の知名度の高さや、J-Startup企業に選定されていることなどから、ありがたいことに業界を問わず様々な企業からお声がけをいただきます。また比較的ふわっとした話から始まることもよくあるので、どのような協業ができるか、最初の段階ではほぼ固まっていないことが多いです。

葛西:そのふわっとした状態からリサーチを推進してプロジェクトにしていくスピードとパワーは、桁外れですね。ちょっと引くくらいです(笑)。大企業にいた私からすると、普通なら難しいと言われたり、遠慮するような内容でも、ピクシーダストテクノロジーズ(以下、PXDT)では尋常ではないスピードで検討して、形にしていくような感じがあります。

「ふわっとした状態から」というのは、どのくらい定まっていない状態で始まるのですか。

黒田:本当に柔らかい状態ではじまります。大学発の研究開発型ベンチャーとして世間から一定程度認識されてきたこともあり、「PXDTとなら先端技術を使って何か新しいことができるんじゃないか」といった感じで始まることも少なくありません。初回は事業開発で対応しますが、3~4回目あたりからはエンジニアに入ってもらって具体化していきます。

安間:最初から決まっている要件はほとんどなく、ぼんやりとしたイメージを持っているクライアントに対して、どういう点が課題なのかを見つけるところから始まります。もしくは、クライアントが課題だと思っていることが、紐解いていくと、真の課題ではなかったりするので、課題設定の変更から提案するという場合もあります。そこが面白さであり、大変さでもあります。

プロジェクトの具体例を教えてください。

黒田:某・大手エネルギー会社の事例があります。最初はPXDTの技術とエネルギー会社というテーマに接点が見出せるだろうかと、個人的には手探り状態でのスタートでした。初回はCOOの村上と2人で訪問してヒアリング・ディスカッションを行ったのですが、PXDTの技術との親和性はあえて考えず、まずはゼロベースで検討しました。検討の中で出てきた重要な課題に対して当社が他業界で活用していた超音波制御技術をうまく応用した解決策を提案できたのです。訪問前には思いもよらなかった相乗効果が起こり、シーズと課題・ニーズをうまく結びつけることの重要性・価値をこのプロジェクトで体感しました。もっと具体的にお話ししたいのですが、このテーマは現在進行中であり秘密保持義務もありますので、詳細な内容は入社された時にお話しさせていただきます(笑)

葛西さんはどういったプロジェクトに携わっていますか。

葛西:xMoveという自動運転車いすのプロジェクトで、パートナー企業と協業してソフトウェア開発を行っています。現状ではリードエンジニアの数が多くないこともあり、1人のリードエンジニアがいくつものプロジェクトを並行して進めることになります。ちなみに、当社のソフトウェアエンジニアでは私が最年長で、入社後に知り驚きました。皆とても優秀なので一定のキャリアを積んだ同世代かと思っていたのに、「年下か!」と(笑)研究室の学生のサポートもとても助かります。参考になる論文を見つけてくれたり、整理のつけ方など、迅速に動いてくれます。前職まではいつも10歳ほど上の方たちと仕事していましたので、このフレッシュさは新鮮ですね。

安間さんは比較的社歴が長いですが、これまでどのようなプロジェクトに携わってきましたか。

安間:私が入社した頃のPXDTはエンジニアが数名でしたので、幅広く技術を担当しました。
現在担当しているプロジェクトは大きく2つあります。
1つ目は、鹿島建設様との空間開発型事業です。現場が持つ課題を解決するプロジェクトであり、PXDTのテクノロジー用いたデジタル化により、生産プロセスの変革を行うという内容です。オペレーション・ハードウェア・ソフトウェアという垣根もなく、全体を見ていくことになるので、ソフトウェアという括りで要件が決まったものだけを作っている世界とは見え方がまったく異なります。
2つ目は、シーズベースのプロジェクトである質感保持ディスプレイLeaked Light Fieldです。これは革や木材など、さまざまな素材のものをディスプレイにするもので、多様な材料を自ら探してテストを重ねたりと、これもまたソフトウェアエンジニアの枠を超えた仕事になっています。光学エンジニアのサポートも得ていますが、「これまで世の中になかったものを世界観も含めて生み出している」と実感します。

課題をテクノロジーで解いていくときに、コアとなる技術はやはり「波動制御技術」なのでしょうか。

安間:波動制御技術という枠にとらわれず、幅広く捉えています。クライアントにとってベストな解であるかを第一に考え、それが現状のPXDTにある技術で解ければ活用しますし、そうでない場合は新たに技術を作り出します。

葛西:そこがPXDTのすごいところです。当社では「ないものは、新たに生み出す」。その生み出すスピードが超速なのです。まさにニーズドリブン・課題ドリブンですね。

黒田:そうして出てきた技術を他のケースにも使えるのではないかと横展開もしていきます。これは、大学の研究室発のアイデアと、企業が抱える課題・ニーズの両方を大事にする当社ならではの強みになっていると思います。

PXDTのすごさはどこにあると思いますか。

葛西:すごさのポイントは「人」にあると思います。なければ新たに技術を生み出せるような、力量のあるエンジニアが集まっているのがアドバンテージです。

安間:このスピード感でものごとを進められる事業開発もすごいですね。彼らが芯を捉えた課題設定をしてくれるから、エンジニアとしては技術を生み出すところに集中できるのです。

黒田:事業開発は私も含めて7~8割が理系学部やエンジニアの出身です。中には文系のメンバーもいますが、理系のバックグラウンドは企業のニーズを把握したりエンジニアとの対話には有効だと思います。

葛西:まず、「できない」とすぐに言う文化がないですね。むしろ「できるんじゃないか」という雰囲気がみんなにあって、なおかつ、それをやりきることができる人が集まっているのだと思います。

安間:エンジニアをはじめ、各人に裁量権が与えられているので、上長に都度確認をせずに決められる範囲が広いです。だから早い、というのもあります。プロジェクトの裁量は基本的にプロジェクト内にあるので、誰かに決裁を求める必要がなく、自分たちの責任の範囲でスピード感をもってプロトタイピングに行く前の見通しをたてられるのも強みです。

黒田:みんなポジティブで真摯ですね。泥臭いですが、気合ややりきるマインドセットといったものは鍵かもしれません。

安間:「できる」と思わないとできないので、できる道を探すこと。また、信頼できる仲間がいるので、自分が分かる範囲に限界があったとしても、周りに聞けば分かるし、サポートしてもらえます。普通の会社であればそこが不安で一歩を踏み出すのに躊躇するところを、PXDTでは「誰かが援護してくれるから大丈夫だ」と思えます(笑)。仮に「できない、難しいかもしれない」という場合であっても、その事実を知ることは重要であり、早期にそのアラートが出るおかげで対処ができるわけです。所属や立場関係なく、何でも気兼ねなく聞き相談するカルチャーは、PXDTの強みのひとつではないかと思います。

最後に、メッセージをお願いします。

黒田:PXDT Commitmentの中に「テクノロジーを課題/ニーズドリブンで世の中に連続的に社会実装する」という項目があるように、技術というのは世の中の人々の役に立ってこそ価値があるとPXDTのメンバーは考えています。一方で、企業に勤めるエンジニアの中には、使われることのない技術をずっと開発している人が少なくないと社内のエンジニアから聞きました(私自身も大学時代にアカデミアと社会実装までの距離に悩みました。)。PXDTでは「世の中で使われるもの、人々の役に立つもの」を重視しています。そこに意義を感じる方は、マッチするかと思います。ビジネス側の目線でいえば、まだ当社は若い会社でありながら、多数の要素技術・応用技術を抱えているので、各技術や案件によってビジネスモデルも契約の内容もバラバラで型が決められているわけではありません。テーマ検討から最後の契約書まで落とし込む一連のビジネスモデリングを楽しめる人はぜひ!とお伝えしたいです。

安間:エンジニアとしては、ビジネスの設計や契約の段階から参加できるのがよいです。プロジェクトを推進する上で、契約内容は非常に重要なもの。大手企業では分業が進んでいて、エンジニアがそうした感覚は持ちにくいものですが、「どう進め、どう守っていくか」を考えて契約交渉を行うのは面白いです。それに、CxOクラスも当社ではみなフラットにコミュニケーションがとれる仲間です(笑)。全員で同じ船を漕いでいると思ってもらえればよいので、そういう仲間をぜひ見つけに来てください!

葛西:当社でリードエンジニアの考える領域というのは広範で、1つのシーズに対して、「CTOと事業部長を兼務する」というくらいのスタンスが求められます。「自分で決められる」ことを楽しめる方にはとてもやりがいがあります。もう一つ特徴的なのは、何か判断や相談をした時に、周りの人がこぞってフィードバックをくれることです。優秀な人たちが揃っているので、その場でディスカッションが始まり、より良い形ができ、進められる。そのサイクルがとても早いのです。ですから、発信するのがとても楽しいですね。

葛西:最後にもう一つ、PXDTならではの魅力で伝えたいのが、目の前のプロジェクトに対する短期的な視点とは別に、落合を中心とし、世の中の動きや当社としてのビジョンを話し合う機会が週2回ほどあることです。ネットでは得られないような生の情報ももらえますし、私たちが向かっていく長期的な道すじを示してもらえる。これは非常に有意義で当社ならではの面白さだと思いますので、ぜひ一緒に体感していただきたいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加